埼玉県戸田市のステキと人の集まるところ

まちいくとだ①青空の下BBQでカンパイを!埼玉県戸田市発の日本酒をつくるプロジェクトで世界にLOVEを発信!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、その辺の主婦です。

先日、昼過ぎにしまむらへ行こうとしたらいつも混んでいるKitchen Tさんに空席が見えました。だからこれはチャンス!と2歳連れでランチを頂いてきましたよ~

2歳が強くパン希望だったんで武蔵麦豚のステーキをお願いしたんです。

%e3%82%ad%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%b3t

ここは港区の高い店?

前菜もメインも、あまりの美味しさに呆然としました。

お店の方は親切・内装はオシャレ。公園帰りなのにこんなお店に行けるなんて。戸田に住んでてよかった・・・(TT)

お陰さまで午後の家事が通常の3倍くらいのスピードで進みました。料理の波動の高さで細胞が入れ替わったのかもしれません。

 

戸田市の宝をつくる「まちいくとだ」プロジェクト

%e3%81%be%e3%81%a1%e3%81%84%e3%81%8f

さて先日、Facebookで知ったまちいくとだプロジェクト第1回目に参加してきました。

青空の下、BBQで日本酒なんて、楽しそう!って思った事ともう一つ。

まちいくプロジェクトの概要を読み、感じるものがあったんですね。

街にある地域資産を発掘し、それを地元の人たちと一緒に掘り起こし育てていくことで、

街を育て、街に訪れる人を増やしていくことを目的としています。

自治体の予算ありきの地域活性ではなく、多くの人達のアイデアと行動を結集することで、

持続可能で自走できる地域活性を目指します。

応募までにちょっと悩みましたが。

っていうのは私は基本ボワーッとした専業主婦なんで、そんな場所に出てもいいのだろうか?って逡巡があるんですよ。

でも最近2000~4000字・写真多めっていうこのブログの続け方に思うところが出てきて広いところに行ってみたくなったんです。

応募の結果ご返信いただけたので9/15(木)、スタートアップの第1回ミーティングに行ってきましたよ(^^)

 

発起人代表は株式会社ROT創業メンバーで取締役の鈴木さん

%e3%83%ad%e3%83%83%e3%83%88

戸田市民ならみんな知ってる株式会社ROTさん。前述のKitchen Tさんも系列ですね。

夏、親戚の集まりで系列のCafe&DINING SUNさんで座敷の予約をお願いしたんです。パーニャカウダやトルコ風春巻きを見た実母や義叔母は珍しさに大喜びで。

下は2歳・上は78歳・総勢8名で、寛ぎながらこういうオシャレな料理が食べられるってすごいなぁってしみじみ思ったんです。

そういうお店を作ったビジョナリーな方から、県内の生産者さん・食材へのこだわりを聴けるという・・

成長企業の創業メンバーから直接、お話を聞くような機会が自分の人生にあるなんて想像した事もありませんでした。

生粋の戸田っ子さんとの事で、出身幼稚園をうかがってほっこりした事はヒミツです(^^)

 

元CMプランナー・むすび株式会社深澤さんのブランディング論

%e3%81%be%e3%81%a1%e3%81%84%e3%81%8f%e3%81%b5%e3%81%98%e3%81%8b%e3%82%8f

都内でむすび株式会社を経営されている深澤さんからは、ご出身の山梨県富士川町で銘酒・本菱を復活させるまちいくふじかわプロジェクト、そして主婦には耳慣れないブランディングについてをうかがいました。

このお話は私の気持ち的に影響がかなり大きくて今ここでパッと感想を書く事ができません。

ただ、友達が主宰するワークショップの楽しさをもっと伝えられたらいいな、という動機ではじめたこのブログにこれから前向きな変化が起こる確信めいたものがあります。

 

戸田地誌の碩学!市役所の香林さんが語る中世~現代

IMG_0123

下戸田ささら獅子舞@戸田市収穫祭2015

戸田市が鎌倉や足利尊氏と関係があったり、江戸時代から戸田々原がサクラソウの名所だったりした事を初めて知りました。

子供のイベントで戸田市立郷土博物館には何度も行っているのにほとんど歴史を知らなかったんですね(汗)

古文書を読み解くと・・・とさらっとおっしゃってて映画のインディ・ジョーンズみたいでした。

平成11年に彩湖が洪水から戸田を守り、道満グリーンパークの泥除去が大変だったなんていう市役所の方ならではのお話もうかがえましたよ!

カミトダプレス内関連リンク:昔のおうちでおはなし会@戸田市立郷土博物館で、有言実行 の思いグセが解ける

 

寛延元年創業!加須の釜屋13代目・小森さんが語る日本酒の世界

%e9%87%9c%e5%b1%8b

2016年現在、創業268年という加須の株式会社釜屋さん。少しの温度差で発酵が進んでしまう醸造の繊細な奥深さ、朝も夜もなく菌の発酵を見る杜氏さんの手仕事。

宮尾登美子さんの「蔵」の世界ですね!

近頃アートディレクター/発酵デザイナー・小倉ヒラクさんのブログを愛読しているんで、発酵についてもっと知りたくなりました。

近江(滋賀県)がルーツと伺って、昨年お店を閉められた戸田市新曽の近江屋高橋豆腐店さんの事を思い出してちょっとセンチメンタルな気分になったりも・・・

最後に、こちらの発泡純米酒ゆきあわをいただいたんです。すぐに失礼しなければならない時刻だったのでほんの少しだったんですが甘くてシュワシュワで・・・

おいしい!!!

友達とああいうの飲みたいな。っていうかそれこそ、青空の下BBQでカンパイを、ですね!

カミトダプレス内関連リンク:大豆が本気を出した!近江屋高橋豆腐店

 

そして学生時代の実習課題を自宅で発見する

img_4260

そんなわけで。

ふと思いだして家の中を探してみたら大型機材で撮った学生時代の実習課題・日本酒の広告イメージが出てきました。

幾多の引っ越しと断捨離を経て残っているなんて・・

img_4368

これは何かのサインかしら?

私は本気になりましたよ(っ ` -´ c)

埼玉県戸田市発のお酒が世界に向かって発進。

なんだか本当にステキな事がはじまりそうです!

関連記事