埼玉県戸田市のステキと人の集まるところ

小学生女子4名がニコライ・カプースチンをBGMにシュタイナーにじみ絵&皆で話し合いながら8号カンバスに木炭で「平和」の下絵を描いたら理想が顕現した件。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、その辺の主婦です。板橋の小豆沢墓苑最高。

さて、ご縁のあるお子さんや友人知人を月1くらいで自宅にお招きし、みんなで1枚の平和の絵を描く企画をはじめました。

  • 言動の短所を自覚、反省・改善し
  • 多方面に配慮し
  • 貴重なご意見は感謝のもと反映。

って目指したらどんどん自分に否定的になって何も出来なくなったんで皆でやりましょうっていうのを止めたんです。

だから素人が趣味として自宅でやります、というスタートアップ。

遊びにきてくれた3名の小学4年生女子が聡明だったお陰で、こういう事ができたらいいなって思っている事が実現できてうれしかった!

参加費等が発生しないクローズドの会ですが、活動しやすくしたいので遊びに来てくれるお子さんのお母さまにやっている事をきちんとお伝えする事を目的に記事としました。

 

やる理由は2つ、人のためではなく自分のため。

img_4732

自分のリソースを使い、ご縁のある子供&大人に時間と場所を提供して平和の絵を描くっていうことをしようと考える理由は

  • 両親共働きだった子供時代、しょっちゅう友人の家に行っていた
  • 昭和前期、殉職等で30歳前に他界している身内が複数人いる

の2つです。

前者はいわずもがなですね、今の感覚だと放置子だったんで。受けたご恩を次世代にペイフォワードしたいなって思うんです。

後者についてですがここでの詳細は割愛します。ただ自分が思っていたより人数多かったんですね。だから私はキッズゲルニカに惹かれているんだな。

 

アトリエぐるぐるさん「親子でアート」クラスで気持ちが動く。

img_4736

絵が描けない私が子供たちに絵を描かせるなんて、っていう思いがあり、大きな絵を描くキッズゲルニカを考えていた時は、きちんとしたご指導ができる私以外の方にディレクションをお願いするべきだって思ってました。

でもアトリエぐるぐるさんの単発の「親子でアート」クラスで先生が2歳に絵の具をのびのびと触らせてくださったのを見た日に何かが動きました。

小学生クラス火曜日にレギュラーでお世話になっている娘の作品をいつも楽しみにしています(^^)

 

最初は絵本で読書タイム。

ロミラのゆめ―ヒマラヤの少女のはなし

自分の子供を見ていて、子供をデジタルやガジェットから離す時間が必要だと思ったんで、導入に各自絵本を読んでもらいました。

大妻女子大学の金田先生とお母さまの常代先生は私の心の師匠。

みんなが読んでくれると嬉しいから世界のこどもたちシリーズは全部そろえよう。

 

BGMはNikolai Kapustin

ジャズとクラシックの融合って言われてるニコライ・カプースチン。音楽のむずかしい事わからないんですけどすごく!かっこよい音楽です。下の子がお世話になっているリトミックのなお先生が休憩タイムにサッと一節を弾いたら一瞬にして空気が変わっていました。

このCDをかけて無印良品のリラックスっていうエッセンシャルオイル(ラベンダー・スィートオレンジ・ゼラニウム)で加湿。

気が付いたらうちの平凡なリビングが、小学生女子の真摯な集中で満たされた浮世離れした空間に・・・

 

ウォーミングアップ:ドイツ・シュトックマー社の水彩絵の具で「にじみ絵」

%e3%81%ab%e3%81%98%e3%81%bf%e7%b5%b5

子ども・絵・色―シュタイナー絵画教育の中から

次に、「平和について話し、絵を描く」状態になるためとしくらえみさんのご著書をもとにシュタイナー教育の本で知った”にじみ絵”を行いました。

透明度が高いというドイツ・シュトックマー社の赤・青・黄の3色だけでこんなにきれいな色が出ましたよ~

私はセッティングしただけ。女の子達はニコライ・カプースチンのピアノを聴きながら、瞑想するように宇宙のような、ユングの集合無意識のような、夢のような絵を描いています。

あれ?うち、ミヒャエル・エンデの「モモ」がドアから入ってきそうな場所になっている・・・

 

おやつ:川口ラブベイビーズ企画で秋穂先生から教わったプレッツェルの”ホネーキンさん”をつくってみる

img_4710

ランチョンマット:ito お皿:娘作@幼稚園の美術クラス

休憩タイムでつくったのは、ラブベイビーズ埼玉のカラフルお菓子のワークショップで教えていただいたうちの一つ。プレッツェル選び失敗してるでしょこれ!!

会はリバーサイドのミッドタウンことお隣・川口市のキュポラ川口で開催されたんですが、お部屋にはジャズが流れていて、主宰のみゆきさんは親切でおしゃれ。ああ素敵な空間・・・

お菓子のメイソンジャー&可愛い水引き作りを教えて下さったのは秋穂先生。手を動かしていると初対面なのに会話がはずみます。この日、秋穂先生の

余裕があるからやるんじゃなくて、やることで余裕が生まれるんだ

っていう考えが心にすーっと入ってきて。私の家よく散らかってて、でも片づけるためにお客さん呼ぶ!って思ってたんですけど、そこからさらに一歩進んで

絵を描くために集まるのではなく、集まるために絵を描く

って思えるようになりました。

しかしプレッツェル。いろいろ探したけれど納得のいくものがみつからず、細いもので代用。秋穂先生はどこであのホネーキンさん胴体にふさわしいものをご購入されたのかしら・・・

 

蕨市・笹山長麿総合画材で購入した8号カンバス

img_4739

蕨駅西口近くの大きな交差点にある素敵なお店さんはアクセス抜群。かわいい赤ちゃんにも会えました!

子供たちは木炭を4等分して

  • 見た人がハッピーな気持ちになる
  • 上の絵を描きやすい背景

をにこにこ相談して描いてくれました。

平和の絵を描くのと、絵を描くために集まって平和な気持ちになるのはどちらが卵かにわとりか。

 

小1&2歳をお嬢さん達に子守をしてもらう間、kokoカフェpresentsマルシェ・ド・ザジ薬膳講座のご飯を作る

img_4720

そして小1の娘と2歳男児の子守をお嬢さん方にお願いしている間に夕ご飯の準備。

ましこ先生kokoカフェのおとな薬膳教室で教えていただいた豆乳スープ、遠足でも早速作った蓮根ひじきつくね。

質問タイムの時、お惣菜使っても大丈夫ですか?って質問したら、あったかいご回答を頂けましたよ。

料理、うちで作るとビジュアルがアレな上、お皿もリラックマだけどおいしい~

詳細は会ごとに丁寧な記録を残されているkokoneブログで。あの忙しさの中、あれだけのクオリティ&量を書けるのは遅筆の私からするとびっくりレベル。素晴らしいブログです。

そして古橋先生がお講座を開かれている品川の薬日本堂、10年ほど前ご飯に行った事あった、と気づいて薬膳とのご縁を感じました。次回のkokoカフェお講座も参加したいです(^^)

付記:前述、リトミックのなお先生との出会いもkokoカフェワークショップです!

 

リビングで遊ぶ子供を見ながら幸福感に包まれる

img_4714

子供5人をリビングで遊ばせながら夕ご飯の支度をしているとき。

これ私が小さいころ使ってた~なんて2歳のおもちゃで一緒に遊んだり、うちの小1の娘とぴったりくっついて一緒にDSをやってくれたりする女の子たちを眺めていたら突如としてものすごい幸福感に包まれました。

親戚の家って肩身せまいな、早く親の仕事終わらないかな、今日母さんが夜勤だからまたラーメン屋さんかな。っていう、小学生時代の私が求めても得られなかったものを大人の自分が地域の子供たちにそっと提供できている、かもしれない。

お客さんを呼ぶため散らかりがちな家を片付けて掃除しよう。そして

学童でもお店でもない、音楽が流れるお絵描きの場所

って感じでやっていこうと思います。公共の場所やお店ではなく家で。そして自分とつながりのある大人や高齢の方が参加できる方法も考えたいな。

何かに配慮しても次は別方向の配慮が足りないって言われたりしちゃうから、これからは自分の想いを一番に大切にします。

そんなわけで皆様、そっと応援してくれるとうれしいな。これからもよろしくお願いします(^^)

Special thanks:Preneur-Preneurさま。

これまででいちばんつらかった、新規事業を立ち上げるときの5つの産みの苦しみ

私のやってる事は事業じゃないけど。ブックマークに入れて気持ちが落ちた時に何度も読み返してました。まっすぐな、人を勇気づけてくれる文章を公開して下さってありがとうございます。

img_4699

img_4701

img_4700

img_4698

関連記事