埼玉県戸田市のステキと人の集まるところ

2017新年記念・家ランチ会Tips公開/そして「住み開き」(©アサダワタル氏)によってつながるビジョンについて。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あけましておめでとうございます、その辺の主婦です。

新年なんで、画像はアトリエぐるぐるさんで2歳がはじめての絵の具を使い描いた絵です。なんだかかっこいいので飾ってます。家で真似っこしてみると色々グチャグチャになり後片付けに泣きました(TT)

さて。最近アサダワタルさんのご著書を読んで目から鱗が落ちまくっています。なんとなく今の自分に閉塞感がある、という方はぜひご一読を。敬意を以って一部抜粋させて頂きます。

みな様々な理由で開いているが、基本的に共通している点がある。それは、無理せず自分のできる範囲で自分の好きなことをきっかけにちょっとだけ開いていること。

これは公共施設や商売のためのお店ではなかなかできないことだ。また同時に昭和初期の地域コミュニティにあるような開きっぱなしというのもちょっと違う。とにかく「私」があらゆる条件の核になる。

しかしただのエゴではない。個人宅をちょっとだけ開くことで小さなコミュニティが生まれ、自分の仕事や趣味の活動が他者への自然にかつ確実に共有されていくのだ。

そこでは無論、金の縁ではなく、血縁でもなく、もはや地縁でも会社の縁でもない、それらが有機的に絡み合う「第三の縁」が結ばれるのだ。

アサダワタル氏「住み開き―家から始めるコミュニティ」より

アサダさんすごい!最近とみに感じていて、でもうまく伝えられない何かがすっきり言葉になっています。

ここのところ自分に起きているご縁のつながり方・開き方っていうのが、この住み開きと深い関係があるんじゃないかと思う事が多々ありまして、今回は6年間の試行錯誤で身に着けた家ランチ会Tipsをご紹介します(^^)

なぜ家ランチ会?

そもそもの最初は先にお家にお邪魔させていただいたんでそのお返しでした。乳児がいて家が散らかってるし、あまり親しくない方を家に招くなんてとんでもない・・って思ってました。

周囲の環境を言うと、第一子が小さい頃はまだ上戸田地域交流センターあいパルは存在せず、こどもの国も(プラネタリウムはありましたが)基本は屋外の公園だけでした。比較的子連れを連れて行きやすいお店の情報も持っていませんでした。

性格
  • 基本的に内向的でリーダーキャラ等ではありません
  • ただ主婦になる前の勤め人時代・約10年のうち営業関係だった時期があって自発的に動くクセがついているので、実際より外向的に見えているようです
きっかけ
  • 産後のヨレヨレで公共の子育て広場に行きにくかった
  • 周りの迷惑になりそうで飲食店に赤子を連れて行きたくなかった
  • 公共の子育て広場ばかりを使わせてもらうのも・・という気持ちが出てきた

具体的なプロセス

仲間はずれを作りたくないので、ここはグループかな?と思ったら多くの人に声をかけるようにしていました。子供の〇〇ちゃん呼んでリクエストはあまり知らないママさんに声をかける事なんで、距離感がないと思われているのでは?と実はかなりドキドキしていました。

何回か断られたり、なんだかこっちが誘うばっかりだから無理してきてもらってるのかな?と思ってしまうと遠慮(自粛)しています。人の家に行く事が苦手な方もいるので引く事も大切です。

数年前までは有言実行、社交辞令は言わない!という風にがんばっていましたが、それで疲れてしまったので今はリアルタイムで交友関係が近い(ご縁がある)方にお声掛けする形にしてます。

お声掛け
  • 子供のリクエスト
  • 話がはずんだので、おしゃべりしてみたかった
  • お世話になった恩返し(もしくは迷惑をおかけした後のフォロー)
日程調整

声掛けと日程調整は同時の事が多いのですが、正直ここが一番神経を使います。

  • 3人~5人に声をかける(来てくれたのが2人の時も。)
  • 3日~1週間ほど前に日程を3つ出して集まれる人が多い日を決める感じ
  • 今は11時半~14時の2時間半がベストと思っています
  • LINEよりメールの方が楽かも。仕事のメールと同じで、Bccで送る方が無難
  • ご返信いただけない場合もあります
掃除・片づけ

はじめた当初は前日(もしくは前々日)から掃除・片づけをしていました。今ではなんとなく来客に慣れてきたので、朝起きて頑張って掃除すれば午前にお客さんを招けるレベルになりました。でも決してピカピカなわけでも、おしゃれなわけでもありません。もちろん高い家具もないバリバリの民家です。

食べ物・飲み物

ランチはお弁当

img_5892

ゴハン屋フタバさん日替り弁当

お店さんでお弁当を買うようにして、後で代金を頂いています。戸田市には宅配をして下さるお弁当屋さんがいくつかあってどれも最高に美味しいんですが、最近は私の自宅から近く、宅配をされていないマクロビオティックのゴハン屋フタバさんにお弁当を買いに行く事が多いです。おうちがフタバさんから遠い方に喜ばれています。

飲み物

img_4415

まめぞうさんの挽きたてコーヒー

  • 大人は麦茶とコーヒー(妊娠中の方はカフェインレス)
  • 子供は紙パック飲料(こぼし対策)

親戚から紙コップをたくさんもらったので、冷たい飲み物についてはそれでご提供するようにしたら楽でした。食後には自家焙煎珈琲工房まめぞうさんで購入した挽きたてのコーヒーをハンドドリップでお出しします。挽きたてのお豆は素人が淹れてもおいしいです。

お手土産

IMG_1502

Cafe Shibakenのさくさくクッキー

ご持参いただいたお菓子については、子供が食べ過ぎてしまったりもするので全ては開封しません。その代わりお開きの時にすべてのお手土産(Cafe Shibakenさんのクッキーなど、自分の用意したもの含む)を均等に分けてお持ち帰りいただきます。誰が何を持ってきてくれたかもきちんとお伝えします。

良かった事や、気を付ける事

良かった事。

・家の掃除・片づけの手際がよくなってきた
・公共の場所やお店さんの有難みを実感できるようになった
・子供の声がうるさいのでは?長居しているのでは?とビクビクせずにおしゃべりできる

大切だと思う事。

・集まりにお金や利害関係を絡ませない
・次回はあなたね的な恩を着せない
・終わりの時間を決めておく

↑外せないポイントなので太字にしました。

また、あの人を招いた・あそこのお家に行ったという事、知人のご自宅の場所・内装等は不用意な形で発言しないよう気を付けており、そのあたりは子供にも注意するよう言い聞かせています。色々考えてしまうのでステキなメンバーの揃った楽しい集まりだなー!と思ってもFacebook等のSNSにUpできません。

困り顔になった事。

人によって苦手ポイントは違うし、これはNG!とジャッジする表現が苦手なので婉曲に。

まだあまりお互いを知らない同士をお招きする際、「あの人も誘いましょう」「あの人も呼ぼうって前言ってましたよね?私調整します」という感じに水を向けられると正直、対応に困りました。ただそういうのも場所が個人宅ではなく、公共の場所やお店ならそれほど気にならないかと思うのですが・・・

逆に、子供さんの騒いだ時の対応はフォローに気を使って頂けばさほど気になりません。

これから家ランチ会をしてみたい人へ。

6年続けてわかったことですが、エイッ!と自宅をお見せする事は、良いところも悪いところも含めて自分の内面をお見せする事と同じです。最初はなかなかうまくいかないし、ちょっと無理をする場面もあるかもしれません。

でも、子供がうるさくて気になる・長居していてお店の人に悪いかもetc 色々気にした状態ではお互いのビジョンをゆっくり話せたり共有できる状態にはなれなくて、今のようなご縁の広がり、アサダさんのおっしゃる

個人宅をちょっとだけ開くことで小さなコミュニティが生まれ、自分の仕事や趣味の活動が他者へと自然にかつ確実に共有されていくのだ。

そこでは無論、金の縁ではなく、血縁でもなく、もはや地縁でも会社の縁でもない、それらが有機的に絡み合う「第三の縁」が結ばれるのだ。

第三の縁はむすべていなかったと思います。

ご縁やタイミング、これはまさに一期一会です。価値観の違いやすれ違いについては相性と割り切り、ネガティブになる時間を掃除・片づけに充てると決めています。どちらが正しいとか間違っているとかジャッジしているとキリがありません。ただ「自分は人にこういう対応はしない。」という事については毅然としてOKです。

失敗しても成功しても経験値はあがりますので、もし気になったらエイッ!とやってみてください。やっていくうちに世界が広がりますよ~

そんなわけで今回もとりとめがありませんが、今年もよろしくお願いします(^^)

関連記事