埼玉県戸田市のステキと人の集まるところ

言霊、holistic、スマイルママエクササイズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
桜1

ホリスティック(holistic)という言葉の語源は全体を意味するギリシア語のホロスにあり、その派生語にはwhole(全体)、heal(癒す)、holy(聖なる)、health(健康)などがあります。

ホリスティックなものの考え方は、部分にとらわれず全体を見るということです。たとえば、機械の部品を扱うように、筋肉なら筋肉だけ、血液なら血液だけ、あるいは感情なら感情だけといったように、部分に目を向けただけでは、人間を理解したことにはならないでしょう。

身体も心もすべて含めて、人間を丸ごと全体的にとらえて初めての真の人間理解に近づくことができるのです。身体の機能ばかりでなく、心も含めて全体的にバランスがとれた状態が<健康>であることはいうまでもありません。

せせらぎ出版 「ホリスティックに生きる -目に見えるものと見えないもの」(日本ホリスティック教育協会 今井重孝・金田卓也・金香百合 編)より抜粋

こんにちは、その辺の主婦です。春になりましたね!

さて今回は戸田中央産院近く、上戸田の恵泉キリスト教会埼京のぞみチャペルさんで行われているスマイルママエクササイズさんについてです。

知人のお宅に立ち寄るようにお邪魔できる気さくな雰囲気の場所です(^^)

 

1クールは月2回のエクササイズ×3か月

コメダ

40代に入り、代謝が下がったようで20代の頃より体重が3㎏強増えました。その上ちょっと油断するとギックリ腰になります。

そんな私が一応の小康状態(=なんとか3~4kg増に踏みとどまれている)を保てているのは、2週間に1度こちらでストレッチ+エアロビを子連れで受けさせて頂いているからです。

インストラクターmiwaさんの明るくさわやかなお人柄&揺れない二の腕や、バレエ経験者のママさん達の体の柔らかさ&華奢さを目の当たりにすると色々と自戒の念が湧きます。

子供達は隣の部屋で3名の運営スタッフさん(ママさん達)が見守って下さいますが、エクササイズと同じ部屋で抱っこして踊ることもあります。

 

健康と幸せを祈ってもらう事のありがたさ

桜

教会さんだなぁ、と思う所はエクササイズのはじめと終わりにクリスチャンの運営スタッフさんから

「天のお父様、今日も皆さんを無事にエクササイズに集めて下さってありがとうございます」

からはじまるお祈りの言葉を聞く時。あたたかく優しい言葉です。日常生活で、肉声でこのように気持ちのこもったストレートな言葉を聴く機会はそう多くないのではと思います。

先日、お祈りに触れてふと思う所がありました。

 

高熱にならなかった日。

戸田の空

義父の一周忌があったつい先日の事です。

その日は午前から用事が立て込んでいました。昼から荷作り等をして車で北関東に向かう途中、熱を測ると37度台前半です。旅館の夕飯に対しても食欲が出ず関節も痛くなってきました。

小学生の娘を男湯に連れて行きたくなかったので入浴すると、地蔵の湯という濃い茶色の温泉でした。地域で一軒のその旅館さんはお地蔵さんを祀っており、そこかしこに可愛らしいお地蔵さんのイラストが飾られていたりします。

よい感じで旅館が流行っている事とお地蔵さんの祠がサッシ・畳つきなのは関係があるのかも?なんて思いつつ娘に付き合っていたらなんだか長湯になってしまい、その後は風邪薬を飲んで倒れるように眠りこみました。

翌朝も微妙な状態でしたが、事情を話しマスク+コートで申し訳なく思いつつ法事に出席です。義実家の宗派は仏教の真言宗、このお経がすごいんです!chant、詠唱です。

住職さんの出すお声はお腹の底から出ていて、マイクを使っているわけでもないのに読経が四方に響き渡っています。至近距離で男性声楽家の歌を聴いた時と近い何かを感じました。木魚も素晴らしく、膝の上の3歳は木魚に合わせてリズムを口ずさんでいます。

しかし自分の焼香が終わり、お経と木魚の音に聴き入っているうちに耐えがたい眠気を感じてきました。お経が素晴らしいと言いつつも不謹慎この上ありません。意識が落ちる前に、これがサンスクリット語・・・と感じ入った事を覚えています。

お墓に納骨した後は精進落としで親戚達と会食です。相変わらず食欲が出ないので料理は食欲旺盛な小学生に譲りました。バスで義実家に戻った時にはふらつきがピークになっており、礼服のまま座敷で横になって眠らせてもらいました。

 

善意に気づく事、体と心の声に耳を澄ます事。

エアロビDATA

30分~1時間ほど眠ったのでしょうか?

起きると体調が快復しています。平熱で、関節の痛みも和らいでいます。昨夜、お地蔵様と義父に風邪を治してください、、!とお願いした事を思い出しました。

熱を下げてくれたのは義父なのか、ケミカルの風邪薬なのか、お経なのか、温泉なのか、お地蔵様なのか、気遣ってくれた周囲なのか、その全ての調和なのか。

ここでスマイルママエクササイズに戻るのですが。

何気ない一日の中でも色々な言葉が飛び交います。気さくな言葉、形式的な言葉、一見優し気だけれど深いところの棘を感じる言葉、明るい言葉。

私は仏式の法事に出て神社に初詣に行ってクリスマスにケーキを買うような人間なんで、普段の生活で祈りに触れる事がありません。

ただ、1クール(月2回のエクササイズ×3か月)の最初でお聴きできるmiwaさんのスピーチ、そして協会の運営スタッフさんがして下さるエクササイズのはじめと終わりの祈りの言葉、そういうものが作ってくれていた何かは目に見えなくても本当に大きかったと思うのです。

普通のおうちのような教会、

miwaさんの楽しいレッスンとかわいい明るさ、

うろちょろする子供が許されるあたたかい感じ、

運営の皆さまに淹れていただいたお茶、

相手の幸せと健康を願いますっていう力強い言葉。

ありがたや。これら一つ一つのものが調和したものに支えられてきたんだな。

1年以上こちらにお世話になり、大きく健康を崩さずにいられる私はそう思います。

スマイルママエクササイズの皆さま、お陰様で健康を保てています。

いつもありがとうございます(^^)

関連記事:高熱41度、和楽備神社、山蔭基央「神道の神秘 -古神道の思想と行法」、Mexicoの女王レヒーナ

関連記事