埼玉県戸田市のステキと人の集まるところ

宇宙マッサージ、月極本3「好きなお金、嫌いなお金」、過去を終わらせる事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お久しぶりです、その辺の主婦です。

あっと言う間に梅雨の真っ最中ですね。

皆さんに宇宙マッサージの良さを伝えよう!と思って書き始めたら謎記事が出来上がってしまいました。

なぜだ?

その上(記事の内容とは関係ないけれど)ここ2か月ほどの間、グッときた食べ物等の画像を入れたので謎が深まり気味です。

よろしくね~

 

1.宇宙マッサージ

プリミ恥部さんの本

1-1.宇宙マッサージって何?

土器キャンドル

土器にドキドキ!縄文キャラを擁するホツマンプロジェクトの皆さんと作った土器キャンドル@Candle Bonbonniereワークショップ

念願のプリミ恥部さん宇宙マッサージに行けましたよ!

こちらは人気で予約が取りにくく、都内での開催であるにも関わらず北海道など遠方から来られる方もいらっしゃるそうです。だから施術のタイミングが宇宙タイミング

しかも記念すべき初施術は実家の用事で都内の神社に日本酒・かけはし本菱を奉納し、祝詞を上げて頂いた直後です。

 

1-2.あれ?何かの通りが良くなった

マルニーナのシャーベット

ワイン食堂マルニーナ@北戸田の季節のシャーベット

今までに経験した整体ともカイロプラクティックとも違う。強く押されているわけではないのに気持ちのよい圧を感じます。

なんだろう?色々疎い私でもこれは!と感じるものでした。

施術中、プリミ恥部さんは何度かコンコンと咳をされていて。

「その咳はもしかして、お風邪ではなく私の中の悪いものが?」

「そうです、でもお気になさらず。解放していてください。」

私の悪いものでお咳を出してしまうかと思うと申し訳ない気持ちに。ごめんなさい~

でもあったかいなー、懐かしい感じがする。そんな感じでボーっとしながら時々軽い会話をしていたら30分はあっという間でした。

 

1-3.信頼で成り立つ自由料金

yumicafeパンランチ

yumicafe@戸田公園のパンランチ

料金は、施術を受けた方が体感(とお財布の中身)に応じたものをお支払いするという自由料金制。

自信と人を信じる気持ち、2つそろっているからこそできる事だよね。

お金に対してこういう清廉な姿勢を取れる方だからこそ、日本中から会いたい人が集まってくるんだろうな。

何かしてよ、自由料金で買うから。と言われたら、私はひるんでしまってできません・・・

 

1-4.胸がホワンホワンしてきたぞ?

パッタイ

6/16(金)宇宙マッサージ会場・タイ料理ティッチャイさん@下北沢のパッタイ

家に帰り、テイクアウトに包んでもらったパッタイをいただいて一息ついていたら胸のあたりがホワンホワンあったかくなってきました。

!これは!

30年ほど前に知っていた感覚です。

今はEXILEの端っこにいそうな、ちょっといかついお兄さんになっている年の離れた従弟が赤ちゃんだった頃、うれしい事があるとなぜか猫のように喉をゴロゴロ鳴らしていたんですね。それがかわいくて

「この子は猫みたいだね~」

なんて言いながら一緒に遊んでいると当時小学生だった私の胸が呼応するようにホワンホワンあったかくなってきて。

それから祖母の家にいて、幼い私と以心伝心だった三毛猫。やかんがシュンシュン湯気をたてる石油ストーブの横で猫を膝にのせていた時も喉のゴロゴロで同様にホワンホワンを感じていたな。

ずっと忘れていたこの感じ、子供特有の感覚じゃなかったんだ。

きっとこれが宇宙マッサージの効果なのね。

 

2.月極本3「好きなお金、嫌いなお金」

月極本3

2-1.下北沢B&Bへ

kitchenTロコモコ丼JPG

KitchenT@戸田公園のロコモコ丼

宇宙マッサージの帰り道、下北沢の書店B&B(Book & Beer)に寄りました。

かっこよくて素敵すぎる嶋浩一郎さんの書斎のような場所で洗練された書棚を見ていたら、欲しいなーと思っていたYADOKARIさんpresentsの 月極本3・「好きなお金、嫌いなお金」を発見!もちろん購入です。

今しかないというタイミングで欲しかった本に会えるなんて、これも宇宙タイミングかしら?

 

2-2.趣味でもボランティアでもなく

コムギの夢汁無し担々麺

麺笑コムギの夢@戸田公園の汁なし担々麺

このカミトダプレスblogを作るきっかけは色々あったんですけど根っこのとこにはいつも、匿名で評判などを好きな風に書くのはちょっと違うと思う。ちゃんとした形で発信してみよう、っていう気持ちがあったんです。だから

  • 商品やサービスをきちんと自費で購入する
  • 良さを伝える。不利益になる事は書かない
  • 書かせて頂いた方にはメール等でご挨拶する

っていうのを守っていたんですが実際にやってみると時間もお金もかかる事がわかって。

ボランティアの気持ちで運営していても時にはご批判を頂いたり、軽い趣味だと思われると何のためにしているのかわからなくなってしまったり。

 

2-3.「資本主義、終わりのはじまり」

鉄鍋55餃子

鉄鍋55酒場@北戸田の鉄鍋餃子

でも月極本3を読んだら(特に渡邉賢太郎さんの「資本主義、終わりのはじまり」。)

この形で続けてきた事は間違っていなかったな。そしてやっていた事を中途半端な形でお金に換えようとしなくて良かったって納得できました。

女性の家とは思えない!と言われるほどモノの少ない家に住んでいたにも関わらず今は色々ごちゃついているのでYADOKARIさんの取材する世界のタイニーハウスがひたすらうらやましかったりもします。

モノを減らして小さく住まいたいーーーーー

 

3.過去を終わらせる事

神社

3-1.墓地移転サーガ(30年)が終わる

季の杜

季乃杜竹野@戸田のお菓子

はじまりは30年ほど前。そもそもは私の父が墓地の移転を思い立ったんですね。

北関東の本家に相談に行くなど色々動いたのに全然うまくいかなくて、そうこうしているうちに父本人も他界してしまいました。

それを私が引き継いだんですが、これがカフカの「城」みたいに一筋縄ではいかない事案で。

しかしこの春とうとうそれが終わったので最後の〆に都内の神社に参拝したんです。冒頭に書いた、宇宙マッサージ前の神社っていうのはこの事ですね。

 

3-2.言霊

常花コサージュ

常花@戸田のワークショップで作成したコサージュ

大きな鳥居をくぐってどこまでも続くような玉砂利を歩いて、手水でお清めをして長い廊下を歩いて本殿に上がらせていただいて。広くて、ちり1つ落ちていません。

「かけまくも、かしこみかしこみ・・」

という古語ではじまる神主さんの祝詞をおごそかに聞いて正座で頭を低くしていると私がこの場所にいること自体が畏れ多い、生かして頂いてありがたい、という気持ちになってきました。

遠くの柏手がやけに近くで聞こえたり上のほうにある大きな緞帳?が風で動いていて、あれ?そんなに風なんて吹いてるか?と思ったり、外の世界とは明らかに違う空間で。

宇宙マッサージの予約でも墓地の移転でも感じたんですが、シンクロニシティとか含め、自分の思いだけではどうにもならない時の流れってあるんですよね。

うまく言えませんが、まちいくとだで日本酒の勉強をはじめた時期に人の死に関わるところで浄めのお酒の重要性を感じる場面があったり。

なんだろう。でもどんなに調子がよくなくても目の前にある事をずっとやっていると、切り替わる時が来た時にパッと飛べるって実感しました。

 

3-3.次へ進むために過去を終わらせる

鰻

姫沙羅@伊豆半島の鰻丼

プリミ恥部さんと話していた時に

「21日から仕事なんです、8年ブランクあったのに。こういう仕事が出来たらいいなって思うようなところで、すごくありがたいんです。でもずっと無職だったのでちょっと心配で。大丈夫かな。」

「21日は夏至です。物事が切り替わる良いタイミングですよ」

「そうなんですねー」

みたいな流れがあって。

書き起こすと普通っぽい会話なんですけど、何かこれは素晴らしいお祝いの言霊をキャッチしたなって感じたんです。

宇宙マッサージ前に聞いた神社の祝詞のように。

ちょっと話変わりますけど、実家の近くにある老舗の鰻屋さんでは敷地内に魚籃観音さまの祠があるんですね。

自分の意思とは関係なく人間に食べられたすべての動物・植物・微生物を供養していますって書かれていて。日本酒を飲むとホワンホワンするのはお酒を発酵させた麹菌と感応しているのかも?もちろん酔っぱらってるのもあるけどさ。

人生にホワンホワン成分は大切!

そんなわけで。

色々過去から引き継いできたものを終わらせる事ができたので、このブログの過去記事で(これはちょっと今と違うなor精度が低い)と感じるものを消しました。

今の戸田は私の第1子が赤ちゃんだった頃とは違い、親子連れで行ける場所もイベントも増えています。過去の自分が書いたものにしばられるのはもういいかな?って。

過去を終わらせる事は大切です。終わらせる事で次へ行けますからね。

皆さんにも良い宇宙タイミングが訪れますように!

今でも社会の多くでは、気をつかうのが礼儀とされ、気をつかえない人を「空気が読めない」といった感じでさげすむような社会環境が主流でしょうけど、気をつかいあうというのは、必ずストレスを産みあいます。そして、必ず疲れてしまいます。これは、経験されている方も多いと思います。

しかし、愛をつかうというのは、繰り返しになるかもしれませんが、自分も幸せで相手も幸せという、いかにストレスを生み出さないか、ということをあらゆるシチュエーションでしていく行為です。これを実践していくだけで、地球上のストレスは激減するでしょう。

「愛を味方にする生き方」より抜粋

関連記事