埼玉県戸田市のステキと人の集まるところ

6/7(木)サステナブル・サイタマお茶会で「Beの肩書き」を考えてみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、カミトダプレス内山です。サステナブル・サイタマ主催、夏の上映会に先駆け、お茶会を開催します。

6/7(木)お茶会「Beの肩書き」を考える

コワーキングスペースJoin_R

今回のテーマはBeの肩書き「自分が貢献できることの源泉であり、理念のようなもの」を、気軽なお茶会形式のワークショップで考えてみませんか?参加ご希望の方は、sustainable.saitama(小文字アットマーク)gmail.comまでご連絡ください。返信をもって申し込み完了とさせていただきます。

サステナブル・サイタマとは

豪田トモ監督「うまれる」埼玉県南3市リレー上映会企画で生まれた、川口市/蕨市/戸田市でそれぞれ活動する女性3人によるユニットです。

【川口】I-HERO project(知育ワークショップ企画)
【蕨】コワーキングスペースJoin(コワーキングスペース)
【戸田】KamitodaPress(Webライター)

映画うまれるjpg

 活動のキーワード

BE(あり方)/つながり/シェア/源泉うまれる/いきる/くらす/地域/学び合い/フラットな街づくり/子育て/高齢化社会/知恵/介護/地域で仕事を作る/映画上映会/

お茶会の内容

日時:2018年6月7日(木)10:00~12:00
場所:コワーキングスペースJoin(京浜東北線蕨駅下車徒歩3分)
料金:1,500円
※定員8名、お茶・お茶菓子付き
申し込み先:
sustainable.saitama(小文字アットマーク)gmail.com

コワーキングスペースJoinとは

コワーキングスペースJoin4

コワーキングスペースJoinは、JR京浜東北線蕨駅徒歩3分のアクセス良好な立地・リーズナブルな料金体系・シックなインテリアで地域の女性に人気のシェアオフィスです。会議用テーブル/椅子の他、ミニ冷蔵庫、ボティトリートメント用のベッド、プロジェクター等、小規模開業のニーズに対応した各種備品を用意し、ワークショップや展示販売会等にきめ細やかに対応しています。

「Beの肩書き」とは?

ベストセラー「宇宙兄弟」「君たちはどう生きるか」の編集者、佐渡島庸平さんのご著書には、「Beの肩書き」についてこう書かれています。

Doの肩書ではなく、Beの肩書きで自己紹介をするのだ。就職活動のときの履歴書は、何をできるのか、Doを書く。そうではなく、何が好きなのか?何をしたいのか?を語る。

たとえば、Doの肩書きで、「タクシー運転手」という情報を得たとする。そこから、何か連想が膨らむか?連想が難しい。

ではそこに、Beの肩書きを加える。Aさんは、お笑い好きで、その人自信も人を笑わせるのが好きである。Bさんは、誰よりも道に詳しいことに誇りを持っている。道を知っていることが、プロの証だと思っている。

出典:佐渡島庸平さん「WE ARE LONELY、BUT NOT ALONE 現代の孤独と持続可能な経済圏としてのコミュニティ」より抜粋

自分の「Beの肩書き」で人とつながる

私の場合だと、

Doの肩書き:Webライター、主婦、二児の母
Beの肩書き:祖母が行なっていた「ひとよせ」を受け継ぎ、週2回ほど、自宅で友人や親戚へお茶をふるまうことをしている

という感じかな。※私の「ひとよせ」は、個人宅・非営利なので、自分からの声掛けが基本です。時間は30分ほどのことも。

Kamitoda Pressの場合

「Beの肩書き」を考えた時、私は母方の祖母の影響に気づきました。

昭和&田舎の農家だったこともあるのか、祖母の家にはほぼ毎日、近所の人が来ていたんです。

お客さんをあげる居間はいつも片付けられていて、ちゃぶ台、テレビ、座布団くらいしか置かれていませんでした。昼間に預けられていた小学生当時の私は、お茶と漬物をお客さんに出していました。

祖母にはあまり優しいイメージがありません。パッと見は「小柄で柔和そうなおばあちゃん」なのに気性は激しかったな…

私の従弟(41歳、地元小学校のPTA会長)は、時間を忘れて熱中するNintendo SWITCHならぬ任天堂ファミリーコンピュータ(通称:ファミコン)を金槌で叩き壊されました。

そんなこともありましたが、従弟が地域であれこれ働いていて、私が戸田でKamitodaPressをやっているのは、祖母の「ひとよせ」の影響が強いと思います。

「Beの肩書き」を考えてみることで、見えてくるものがあるのではないでしょうか。

6/7(木)ワークショップ形式で考えた「Beの肩書き」を共有し、新しいコミュニティを作っていきませんか?

これらの本にピンときた人もどうぞ!

読んだ人と感想をシェアしたい!

 

 

関連記事